ごあいさつ

 秋田県林業コンサルタントは、昭和46年4月に公益社団法人として設立して以来、秋田県の森林・林業行政、とりわけ、森林土木事業を補完する機関として、森林の保全や林業生産の向上を図るための調査・研究、測量・設計等の業務を行って参りました。

 平成24年4月からは、一般社団法人に組織改革し、山地災害の未然防止調査や森林・林業の普及啓発などの公益的な事業を業務に多数取り入れ、公益目的事業実施法人として、微力ではありますが、秋田県林業の発展と県土の保全に寄与してまいりました。

 近年、地球規模での環境悪化が懸念され中で、「緑の社会資本」である森林の持続的な管理は、地球温暖化の防止や水資源のかん養、多発する集中豪雨による土砂災害の防止などの観点から、県民が一層期待するものとなっております。

 また、我が秋田県は、全国有数のスギ人工林資源が今まさに収穫伐採期を迎え、施業の集約化、林道等の整備、林業労働力の確保など林業の再生を着実に進めるための積極的な取り組みが必要となっております。

 当社団は、こうした社会の情勢や県民の皆さんのニーズを的確にとらえつつ、森林・林業、森林土木事業に関する技術者集団として、県や市町村の森林・林業行政への支援と公益目的事業の展開を図り、今後とも、林業の振興と県土の保全に寄与できるよう努めてまいります。

 当社団の更なるご活用とともに、関係機関の一層のご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 秋田県林業コンサルタント
理事長  高松 武彦

 
ページの先頭へ